【体験談】女装で深夜徘徊していたら、すごい人に出くわした話

こんにちは。
ユキオコです。

2022年4月に画像を差し替えました




BIGGYM DATA MARKET

今回は、私の女装にまつわる体験談です。
中学で生まれて初めて女装していらい
いろいろな体験をしてまいりましたので
それを書いてみたいと思います。

さて、今回の内容は

このブログでたびたび書いている
女装しての深夜徘徊での出来事です。

当時、私は体重は50キロ台前半で
今とはくらべものにならない位、痩せているころですがw

その数年前にできた
生まれてはじめての女装仲間である
桐山君(仮名)が私のうちに遊びにきていて
深夜徘徊をすることにしたのでした。

桐山君の詳細は以前の記事に書いているので
今回は省略しますね。
興味がある方は、↓↓↓の記事でご確認ください。

その日、桐山君は仕事が終わるのが遅かったため
私の自宅にきたのは、21時頃でした。

すぐさま二人とも女装しw
まずは座って、ゲームをしながらの酒盛りです。

タメということもあり
幼い子供の頃から波動拳や昇竜拳を打って育ってきたので
やるはじめると長いですw

2022年4月に画像を差し替えました

普段なら、桐山君に限ったことではなく
どの女装仲間が遊びに来ても
0時付近に深夜徘徊に出かけるのですが

この日は合流も遅かったですし
飲み足りない感じもしますしw
深夜徘徊に出かけたのは
2時近かったと思います。

はっきりと何月かは覚えていないですが
かなり寒かったので、冬だったことは確かです。
12月とかでしょうか?

私は、キャミソールにミニスカート。
寒いので、ユニセックスのニットを着たうえに
メンズのコートを着ていました。

はっきり覚えてませんが
普段露出大好きな、桐山君も
この日ばかりは寒かったのか、似たような服装でした。

2022年4月に画像を差し替えました

その日は、桐山君の提案で
順路(ノーマルコース)ではなく
逆順パターンにしました。

自宅アパート(スタート)

坂をのぼる

某有名大学敷地内へ突入

某有名大学敷地内の自販機でジュースを飲みながら一服

某有名大学敷地内から、街灯のない暗く長い階段をくだる

住宅街を通過

坂をのぼる

自宅(ゴール)

某有名大学敷地内に突入するまでは
誰にも遭遇することもなく
静かな冬の女装深夜徘徊でしたが・・・

大学敷地内に突入し
自販機を目指しますが
自販機に近づくにつれ、なんか違和感を覚えます。

あれ・・・
自販機の前に誰かいるな・・・

以前、体験談で警備員に遭遇してしまった話を書きました通り
深夜でも、この敷地内は警備員が徘徊しております。
ちょっとした、MGS(メタルギアソリッド)気分を味わえますw

2022年4月に画像を差し替えました


警備員だった場合、来た道を引き返し
逃げるのですがw
どうも、様子が違う・・・遠目なのではっきりしないけど
どうも女性っぽい

そして、第2の違和感が発生・・・

まだ結構な距離があるものの
その女性が、明らかに過度な露出をしていらっしゃるw
のが、段々わかってきました。

もしかしたら、ショートパンツや
ミニスカートを履いているのかもしれないけど
上のキャミソールの丈が長いせいで、下半身の装備品が見えないw
なので、この時点では、キャミソールしか着ていないように見える・・・

2022年4月に画像を差し替えました



さきほど書きましたが
暑がりの私でさえコートを着るような、寒い真冬ですよ?

これはヤバイ・・・
そもそも、冬じゃなかったとしても
真夜中に、かなり露出の多い女性とかに遭遇すると
正直、「ラッキー」とはなりません。
実際に経験しないとわからないかもですが
こういう時、真っ先に訪れる感情は「恐怖」なんですよね。

当然、桐山君も気づいているので
小声で確認をとります。

「どうする?今日は、引き返す?
 それとも、自販機スルーして、続ける?」

普段、私と違って、結構強気な桐山君も
ちょっと引き気味で

「もう少し様子見よう」と言ってます。

と・・・
距離が縮まってきたところで
第3の違和感が・・・

あれれ?
なんか、、、がたいがいいぞw
これはもしや、、、お仲間???

と、自販機の前でまったりしていた
名も知らぬ女装オジサンも
こちらに気付きました。

すると・・・
彼に、私たちが、どう見えたのかはわかりません。
女の子だと思ってくれたのか
お仲間と思ったかは定かではないですが
一目散に逃走を始めましたwww

まさに全力疾走で逃げていきますw

そんなに逃げなくても・・・

全力疾走の風でめくれ上がるキャミ・・・
中年の哀愁漂う、まさかのノーパン尻でした・・・

どこへ逃げたんでしょうw
彼の逃げた方向には出口はありませんw
パニックになったんでしょうね。

どうせなら
私たちの女装家としての先輩と
仲良くしてみたかったですが、
その後、二度と遭遇することはありませんでした。

それではまたお会いいたしましょう。
ちゃお★

 

 

ランキング等のクリックをしていただけると嬉しいです★

モチベーション上がります★

























体験談
スポンサーリンク
ユキオコROOM
タイトルとURLをコピーしました