女装家の、あまり知られていない共通点

※注意
この記事にはいい年したおデブの醜い女装画像や、エグい女装画像が登場します。
気分を害される方もいると思います。閲覧は自己責任でよろしくお願いいたします。
また、記事によっては
おデブの醜い女装もしくは、過去の女装のアダルト画像が登する場合もありますので
18歳未満の方は閲覧禁止です。

こんにちは。
ユキオコです。
デブなくせに女装が大好きないい年の人です。

神奈川県横浜市某所
とんでもない雨でございます。私の大嫌いな雷までついています。

買い物とか午前に済ませておいてよかったナw

さて、本題に入ります
女装家には、世間にあまり知られていない共通点があります

もう、結論から書いちゃいますけど
父親と仲が悪い!(もしくは、父をあまりよく思っていない)

2022年4月に画像を差し替えました

これ、別に、「みんながみんなそう」ということではないです
あくまで、私を含めた
私のまわりの女装仲間とか、女装する知人に
そういう人が多かったというだけで
全ての女装家にあてはまるわけではないですが
私の知る限り概ねそうです。

2022年4月に画像を差し替えました


例えば、このユキオコのブログという
しょうもない文献を紐解くと
母親は数回登場しますが
父親はほぼほぼ登場しません。

このブログにしょっちゅう登場する
女装仲間の桐山君(仮名)は
19歳の時に父ともめて勘当されておりw
のちに女装を引退し、結婚するまでの数年間
父親と一切話していなかったそうです。
でも、お母さんとは話してましたよw

例えば、最近連絡が復活した
元・女装仲間の
坂東君(一応・仮名)も
「父親が嫌いなので、
 父が望む真逆の仕事について、
 父が望む真逆の人間になった」と昔、話してました。

2022年4月に画像を差し替えました



ユキオコの父はかなり厳格な父で
あまりにユキオコが軽薄なのでw
ほんとに親子か?と親戚に思われるような感じですが

ユキオコの母は
いつも、冗談を言ったり、一言ジョークを付け加えて
まわりを笑わせる人でした。

なので、ユキオコは
母親似ですね

はあ?お前、いつもすべり倒してて
お前の言葉で笑ったことなんてねえぞ?

って思ったそこの貴方!
すいません修行不足です
早く母のレベルに達するよう精進いたします。

2022年4月に画像を差し替えました




BIGGYM DATA MARKET

ゆきおこなりに考えてみたぞっ★

三つ子の魂百まで
という言葉があるように
幼い頃の性格は大人になっても変わらないという意味であり
人格形成は幼少期までに確定すると仮定する。
なお、この言葉の意味じたい、日本特有のものではなく
世界各国で似たような言葉が存在している。
人格が作られていく過程において
ほとんど全ての人類が、最初に知るであろう男性という存在は
父親である。
幼少期に多彩な感情を持ち合わせる個人も稀に存在するかもしれないが
多くの子供は
「好き」「嫌い」「知らない」
程度の区別で物事を判断し
徐々にそれが細分化されることにより
さまざまな感情で構成される人格が形成されていくが
その初期の段階で母は好きだが父親を嫌いと判断した場合
それは子供の知能では、「このオスの個体」が嫌いではなく
おそらく「オス」つまり男性への否定であり
それをもちいて人格を形成するとなれば
男性であるという事自体に違和感を覚えるのであろう。

疲れたんで、この書き方やめますねw

なんか親父嫌いだな~~~
的な、フワっとした感情を
幼ければ幼いほど
自分はああはなりたくね~とか思って
男性否定をした結果
女装好きになっちゃうんじゃないのかな~~~と
私は思ってますよ~

なんの話だw

さて
雨なのでまったり自宅で過ごしますが
午前中、買い物に行き

ああ!そうだ!なんか朝のブログで食べたいものがあるって書いたな!
と思ったものの

「あれ?なんだっけ?」ってなり

嫁さんに、
「将来的には、アルツハイマーになるであろうダンナを持って大変だな」
と、一瞬思ったものの!!

ああ!そうだ!思い出した!!

って、ちゃんと購入しました!!!!

・・・
・・・・・
・・・・・・・
帰ってブログを見てみたら
パンって書いてました。

それではまたお会いいたしましょう。

追伸
UFOガチで激ウマなんっすけど!!

 

 

ランキング等のクリックをしていただけると嬉しいです★

モチベーション上がります★

























日記/雑記
スポンサーリンク
ユキオコROOM
タイトルとURLをコピーしました